ここではお尻の中でも主に臀部に痛みがある場合の原因となる病気、臀部ヘルペスについて詳しく説明しています。

臀部ヘルペスとは、水痘・帯状疱疹ウイルスによって臀部に水疱が生じた状態の事を言います。帯状疱疹とは水痘(みずぼうそう)に罹った際に神経節に潜伏した水痘ウイルスが再び活発に活動を起こすことで起こる病気で、知覚神経の走行に一致して帯状に赤い発疹と小水疱が出現し、疼くような痛みを感じるのが特徴です。
また臀部のヘルペスは帯状疱疹の場合、単純性疱疹(単純ヘルペス)の場合もあります。


sponsored link




原因は水痘ウイルスの再活性化によるもので、これを誘発するのが肉体的、身体的ストレスや免疫力低下などと考えられています。単純ヘルペスは性感染症の一つで、主に性行為によって感染するのが特徴です。

臀部ヘルペスの症状は、主に臀部の痒みと痛みが挙げられます。多くの場合、性器にも同じ症状が見られます。進行すると皮膚がただれたり、排泄障害が生じることもあります。通常、皮膚症状が治まると痛みも消えますが、稀にその後もピリピリとした痛み(帯状疱疹後神経痛)が継続することがあります。
単純性疱疹の場合も再発を繰り返しやすいので、注意が必要となります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは臀部が痛い時に考えられる原因の一つ、坐骨神経痛という病気について詳しく説明しています。

  坐骨神経痛

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
osiriitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。