ここではお尻の中でも主に臀部に痛みがある場合の原因となる病気、梨状筋症候群について詳しく説明しています。

梨状筋症候群とは、お尻の奥にあり、仙骨から臀部を横切って足の付け根に付随する梨状筋という筋肉の中を走る坐骨神経が、圧迫などの刺激を受けて起こる症状の総称です。梨状筋症候群は臀部痛や坐骨神経痛を起こす代表的な要因となります。


sponsored link




梨状筋症候群の原因は、臀部を打撲したり股関節を捻挫したりなどによって、梨状筋の過緊張、拘縮が起こり、それが坐骨神経に刺激を与える事だと考えられています。スポーツや仕事の場で発生することが多く見られます。

梨状筋症候群の症状は、臀部痛と坐骨神経痛です。症状の特徴として座ると痛みが強くなり、立っていると和らぐ傾向にあります。また坐骨神経痛の原因の多くが腰椎椎間板ヘルニアの為、坐骨神経痛の症状があると真っ先に腰椎椎間板ヘルニアが疑われ、最初から梨状筋症候群と診断されることは稀です。

治療の基本としては、安静にすること、痛み止め、梨状筋のストレッチ、筋弛緩剤などの使用を行いますが、一向に良くならない場合は神経ブロックや、梨状筋を切離する手術が選択されることもあります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは臀部が痛い時に考えられる原因の一つ、腰椎椎間板ヘルニアという病気について詳しく説明しています。

  腰椎椎間板ヘルニア

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
osiriitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。